【激安】中華製Bluethoothイヤホンを買ってみた

買ってみた
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、だいです。

去年の夏あたりにふとBluetoothイヤホンが欲しくなって、Amazonで購入しました。その後半年くらい使っていたので、そのレビューをしようと思います。

購入したのはコチラ!

よく分からん中華製Bluetoothイヤホン‼

こちらは3699円で買いました。当時は激安だと思ったんですけど、今Amazon開いたらもっと安いのいっぱいありました。笑

ということで、今回は

  • イヤホンの性能
  • 使ってみての感想
  • 中華製購入時に注意すること

この辺りを紹介していこうと思います!

購入の経緯

私はもともとBluetoothイヤホンを持っていたのですが、microUSBを差し込んで充電するタイプで、右と左が有線でつながっているようなイヤホンでした。

そこでAirPodsみたいな、ケースに入れて充電できる、右左独立型のイヤホンが欲しくなりました。

それでAmazonで調べ見ると、

だい
だい

パチモンめっちゃある~!

でもパチモンの何がいいかっていうと、すこぶる安い。

だい
だい

まぁぶっちゃけなんでもいいし、安くてレビューの良いヤツを買おう。

と思って、よく分からん中華製Bluetoothイヤホンを購入しました。

でもAmazonのレビューってサクラが多いので、あんまり信用しちゃいけないんですよね。

最近はこういうよく分からん商品を購入するときは、サクラチェッカーというサイトを利用しています。これマジ便利。

イヤホンの性能

私が購入したイヤホンの商品名はコチラ。

ワイヤレス イヤホン Bluetooth Hi-Fi高音質 ノイズキャンセリング ハンズフリー マイク付き ブルートゥース イヤホン スポーツタイプ小型 軽量 片耳 両耳通話 左右分離型 自動ペアリング AAC対応 Siri対応IPX7防水 長時間 イヤフォン PSE/技適認証済 iPhone/iPad/Android対応 (ブラック)

中華製あるある「性能を商品名に羅列しがち」まるで楽天市場ですね…

ちなみに購入したイヤホンは売り切れになっていましたので今検索しても無いです。(そんな売れたんかい!)

そして中華製あるある「書いてある性能がたまに無い」これほんとに辞めてほしいですね。

というわけで検証できそうなやつをサクッと検証してみます!

  • Bluetooth → あった
  • HiFi高音質 → 分からん
  • ノイズキャンセリング → ある気がする
  • ハンズフリー → 使ってない
  • マイク付き → 使ってない
  • 自動ペアリング → あった
  • AAC → 分からん
  • Siri対応 → ??
  • 防水 → ありそう
  • PSE → あった
だい
だい

いや、全然分からん~!

ただBluetoothと自動ペアリング、PSE(電気用品安全法)あたりがあれば充分だと思っているので、普通に使う分には問題ないかな~という印象です。

ノイズキャンセリングについては、普通のイヤホンに比べて雑音下でも聞きやすいのでありそうな気がします。ただ、ガチなノイズキャンセリングを使ったことが無いので、クオリティは分からないです。

HiFi高音質とAACはどう検証するのか分からんでした…

使ってみての感想

使ってみての感想は、

だい
だい

まあまあです!

もともとそんな期待していなかったですが、うん、まあまあです。

良かったところ

良かったところはこんな感じです。

  • 最低限仕事はしている
  • ケースがモバイルバッテリーになる
  • 見た目が良い

取り敢えず、Bluetoothイヤホンとして普通に仕事してくれます。不良品とかじゃなくてよかったです。

そしてケースがモバイルバッテリーになるのですが、これが思ったより便利です。イヤホンの充電が切れてもケースに入れるだけですし、片耳使って片耳充電という使い方も出来ます。

あとは見た目がシンプルで良いですね。

だい
だい

AirPodsをパクってるから当然か

微妙なところ

逆に微妙だったところはこんな感じです。

  • たまに音が途切れる
  • 腹立つアナウンス
  • 最小音量が大きい

まず、レビューにも書いてあったのですが、音がたまに途切れます。まぁでもそこまで気になるレベルではないです。

イヤホンを装着すると女性の声で「Connected」と言われます。これがなんか腹立つ。

こちらもレビューに書いてあったのですが、最小音量が大きいのでiPhoneやiPadで使う際は音量1で丁度いいくらいです。

だい
だい

これは地味に困る

中華製を購入するときの注意

サクラレビューにかけてみる

中華製を購入する前に、先ほど紹介した「サクラチェッカー」を使った方が良いかと思います。これは商品自体が怪しいかどうかも判断してくれます。

出典:サクラチェッカー

レビューは低い方から見る

レビュー4とか5はサクラの可能性があるので、1から順番に見ることをおすすめします。

中華製あるあるに「タイトルに性能羅列してあるのに実際なかった」みたいなことがあります。レビューをよく読むと、「タイトルにはあるけどそんな性能はない」と書いてあることが多いです。

これをするだけでも結構失敗は防げるかと思います。

後継機をみつけた

Amazonで同じようなイヤホン無いかな~と探していたところ、後継機がありました。多分、性能は大体同じ感じだと思います。

まとめ

今回の商品をまとめると、

  • 中華製でも最低限は使える
  • ケースがモバイルバッテリーで便利
  • アナウンスが腹立つ

という感じでした。中華製商品を購入するときは気を付けましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
()
x