【簡単】NHKの受信料を契約してしまった!すぐに解約する方法

体験談
この記事は約5分で読めます。
パンダ
パンダ

NHKの受信料契約してしまった!どうしよう!

だい
だい

大丈夫!意外にもNHKは簡単に解約できるよ!

こんにちは、だいです。

「NHKの集金人がしつこくて契約してしまった」
「契約しても払わなければ大丈夫だと思った」

こう思って契約してしまった人も多いのではないでしょうか。しかし、受信機があって契約をしてしまった以上は最低1ヶ月分(1275円程度)払う義務があります。

もし支払わなかった場合は、裁判所から督促状が届き、最終的には資産を差し押さえられる場合があります。

つまり、NHKの受信料を払いたくないのであれば、解約するのが一番です。

という事で今回は、NHKの受信料をすでに契約してしまった方に向けて、すぐに解約する方法を紹介します。

  • 解約の流れを知りたい
  • テレビがあるけど解約したい
  • 確実に解約する方法を知りたい

これらを知りたい方には是非読んで頂きたい内容になっています!

契約が正しいか確認する

まず、契約が正しいのかを確認します。

どういうことかというと、NHKの契約をしに来る集金人は歩合制なので、契約1件につきいくらという報酬が支払われています。

そのこともあってか、契約が本当に必要かどうかも確認せずに名前だけ書かせる集金人もいるのです。

もし契約が不要なのであれば、1円も払うことなく契約を無かったことにできます。確認しておきましょう。

下の4つすべてに当てはまっていれば、受信料を払う必要はありません。

  • テレビが無い
  • テレビが見れるカーナビが無い
  • 専用器具なしでテレビが見れるパソコンは無い
  • 専用器具なしでテレビが見れるアンドロイドスマホは無い

もし上の4つの条件すべてに当てはまっているにも関わらず契約させられた場合、すぐに解約することができます。

気づいたらすぐにNHKふれあいセンターに電話しましょう。

テレビを処分する

もしNHKを受信できる機器をお持ちであれば、処分する必要があります。

そこでオススメなのが、「ジモティー」です。

ジモティーは地域密着型のクラシファイドサービスです。クラシファイドサービスとは、利用者がお金をかけずに不要なものを人にあげたり、人を募集できるサービスです。(値段を付ける事もできます。)

地元の掲示板「ジモティー」

地元の掲示板「ジモティー」

JIMOTY, INC.無料posted withアプリーチ

通常は譲渡先の住所を教える必要があったり、廃棄する場合はリサイクル券の写しが必要です。

しかしジモティーを利用した場合は、譲渡したことが分かるネット(アプリ)のスクリーンショットを添付するだけでOKなんです。

しかも実際に譲渡したのかどうかの確認も一切されません。

つまりテレビを設置したままでも、ジモティーで形だけ「譲渡した」と誤魔化すこともできるという事です…

※解約の内容に虚偽の内容があることが判明した場合は解約されないので注意してください。もちろん私も責任は取りませんよ。笑

解約の電話をする

解約はネットなどでは出来ず、電話のみになります。連絡先はNHKふれあいセンターに電話しましょう。もしかすると地方の営業部署からの折り返し電話になるかもしれませんが、問題はありません。

解約には専用の解約届が必要なので、

「テレビを撤去(譲渡)したので、解約します。書類を送ってください」

と言いましょう。その後譲渡先を聞かれるので、

「ジモティーというアプリ(サイト)で匿名の取引をしたので、譲渡先は分かりません」

と言いましょう。すると譲渡を証明するスクリーンショットを書類と一緒に添付してくれと言われるので、その通りにしましょう。プリントはコンビニなどで出来るかと思います。

電話が終わると、1~2週間程度で解約届が届きます。

解約の書類を記入・郵送する

解約の電話をすると、次のような解約届が郵送されます。

ここで注意が必要なのが、「放送受信契約を要しないこととなる受信機の数」です。これは今の受信機の数ではなく、解約する受信機の数です。

契約の際、(地上 1)と契約した場合、ここにも同じように(地上 1)と記入しましょう。

「放送受信契約を要しないこととなった事由」はジモティーで譲渡した場合「受信機を譲渡した」にチェックして「アプリ(サイト)による匿名取引」といった感じの理由を書きましょう。

「受信機の設置予定」を「あり」にするとまた集金人が訪問してくるので、「なし」にしておきましょう。

解約届は3週間以内に返送しなければならないと書かれているので、できるだけ早く返送しましょう。

また、返送してもその後はNHKから書類が送られてくることはありません。返金がある場合は返金した旨のハガキが届くようです。

少し不安ですが、何も連絡が無ければ、解約が認められたということで問題ないでしょう。

まとめ

今回の内容はNHKを契約してしまった方に向けて、解約方法を解説しました。まとめると、次の3つがポイントです。

  • 契約が間違いないか確認をする
  • 受信機の撤去はジモティーがオススメ
  • 解約は電話のみ
パンダ
パンダ

やってみれば簡単だけど、なんでただ解約するだけなのにこんなに面倒くさいんだ…

だい
だい

やっぱり解約させたくないっていうのが透けて見えるよね。今時電話でしか出来ないって…

ということで、契約したい方は今回の記事を参考にしていただきたいです。こういう場合はどうすればいいのかといった質問があればコメント欄にお願いします!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

クリックするとモチベーション上がります!
👇オススメの商品👇チェックしてくれよな!
悠々自適帳
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
()
x