【完全版】NHKの受信料を払わなくていい方法。断り方など

体験談
この記事は約5分で読めます。
パンダ
パンダ

やばい、NHKの訪問員っぽいのが玄関にいるよ…

だい
だい

NHK見てないでしょ?無視無視。

パンダ
パンダ

でもめんどくさいから契約して不払いにしようかな。

だい
だい

だめだよ!契約して払わないととんでもないことになるよ!

パンダ
パンダ

え…そうなんだ…

こんにちは、だいです。

NHKの受信料については度々話題になりますよね。

もちろん普段からNHKを見ている人は、しっかり受信料を払ってしかるべきだとは思います。

しかし、ただテレビを持っているだけで受信料を請求するというのはあまりに乱暴な法律だと思うのです。

では、テレビなどの受信機を持っていない人も含めて、どうすればNHKの受信料を払わなくて済むのかについて解説していきます!

  • NHKは契約した方がいいのか
  • 訪問員の断り方
  • 契約してしまったら

この3点について知りたい方には是非読んで頂きたいです!

大前提:契約をしない

NHKの受信料を支払わない為には、大前提として「契約をしない」というのが一番大事です。

NHKの受信料に関する法律を確認すると、

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない

(64条1項本文)

とあります。これは

テレビの設置=受信料支払の義務 ではなく
テレビの設置=契約の義務 という意味です。

つまり、法律で直接支払いの義務は規定されていません。

さらに言えば、この規定に違反しても罰則がありません。

逆に言えば、契約してしまうと支払いの義務が発生してしまうので、とにかく契約をしないということを心掛けていきましょう。

断り方

対面しない

契約しない為には、集金人(訪問員)が家に来た時にキチンと断る必要があります。

しかしいざ対面してしまうと、しつこかったり、半ば強制的に契約させられる可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、対面しないというのが重要です。

最近の訪問員はNHKとバレないようにしてインターホンを鳴らしに来ますので、誰かハッキリ分からない相手の場合は無視するようにしましょう。

もし応答して、「NHKです。」と言われた場合は

「家に受信機はありませんので、お帰り下さい。」
「帰らない場合は警察に通報します。」

と言っておきましょう。

NHKの集金人が全然帰らない場合は、不退去罪が適用されますので、警察に通報すればOKです。

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する

(刑法130条 住居侵入罪)

玄関で対面した場合

玄関で対面してしまった場合は、絶対に応じないという強い意志を持つ必要があります。優しそうな集金人もいますが、絶対にグイグイ来ます。

集金人も1契約あたりいくらという報酬を貰っているので、契約させようと必死です。余計なことをしゃべらず、強い口調で返しましょう。

まずは「テレビを持っていません。」という主張をしましょう。

すると恐らく「ワンセグは…」「カーナビは…」といった受信機を持ってないかの確認をされます。それについても「持っていません。」と返しましょう。

それでも帰らない場合は「帰ってください。」を連呼しましょう。それで帰らなければ、不退去罪が適応されるので警察に通報すればOKです。

受信機を見せてしまった場合

玄関からテレビ、もしくはワンセグを視聴できるスマホが見えてしまうということもあり得ます。

その場合は、まず受信機を見えないようにして

「あれはDVDです。受信機が壊れているので、DVDしか見れません。」
「あれはYouTubeです。受信機は壊れてます。」

「ワンセグ機能はありません。」

と答えましょう。自分から認めてしまうと、受信機でなくても受信機として成立してしまいます。

契約をすると支払いの義務がある

「契約をしても払わなければいいんでしょ?」

と思っているそこのあなた。

残念ながら、契約をしているにもかかわらず未払い(滞納)をしている場合は、最終的に裁判所から催促状が送られて、資産差し押さえとなってしまいます。

以前行われた最高裁の判決では、「契約を締結している以上は受信料を支払わなければならないこと」は明確に結論付けられています。

ソース→債務整理の森

ということは、やはり契約しないのが一番ですし、契約してしまった場合は解約することをオススメします。

解約の方法

解約の方法についてはコチラの記事で解説しています。ただし、受信機を設置して契約した場合は、最低1ヶ月分は支払う必要があります。(1245円程度)

まとめ

今回はNHKを見ていない人、もしくは受信機を持っていない人が、受信料を払わない方法を解説しました。まとめると以下の3点がポイントです。

  • 契約はするな
  • 訪問員には「TVはありません」
  • 契約未払いは支払い義務あり
パンダ
パンダ

とにかく契約しないことが大切なんだね。

だい
だい

そうそう。結局契約させられる可能性はあるけど、一番払うリスクが少ない選択肢だよ。

パンダ
パンダ

契約してもすぐ解約すればいいのか。

だい
だい

そういうことや。

訪問員がしつこい時は、受信機が無いことをしっかり主張しましょう。NHK側も受信機が無ければ契約自体できないので、かなり有効だと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

クリックするとモチベーション上がります!
👇オススメの商品👇チェックしてくれよな!
悠々自適帳
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
()
x