5分でわかる大谷翔平

その他
この記事は約6分で読めます。

2021年で一番活躍したスポーツ選手といえば、大谷翔平選手ですよね。

しかし、詳しく知らないという方も中にはいるかと思います。

そこで、大谷翔平選手について5分で読めるくらいに解説していきたいと思います!

基本データ

 名前:大谷翔平(1994年7月5日生まれ)
出身地:岩手県奥州市
出身校:花巻東高校
 所属:日本ハム(2013-2017年)→エンゼルス(2018年-)

だい
だい

この辺はサラッとで!

一体何がすごいのか

大谷のすごさは、2つ以上のポジションを一流のレベルでプレー出来ていること。

サッカーで例えれば、一流のフォワードであり一流のゴールキーパー。
陸上で例えれば、一流の長距離走であり一流の短距離走。

大谷は、一流のピッチャーでありながら一流のバッターなのです。

だい
だい

という事で、投打両方解説していきます!

投手・大谷のすごさ

大谷投手といえば、160㎞の速球がすごい…と思われていますが、実は大谷の真骨頂は「フォークボール」、海外で言う所の「スプリット・フィンガー・ファストボール」なのです。

adf

このスプリットは、大谷にとっての「ウイニングショット」つまり決め球なわけですが、なんと被打率が驚異の.087(127打数11安打)。これは今シーズンMLBでトップ。しかも被本塁打はゼロ。

それに加えてゲームのように曲がる「スライダー」と、手元で曲がる新球種「カットボール」、緩急をつける「カーブ」を持っているからマジて打たれないのです。

打者・大谷のすごさ

打者大谷のすごさといえばホームランですよね。

そのパワーの秘訣は「アッパースイング」。2020年まで大谷は、地面と水平にスイングする「レベルスイング」をしていましたが、長打力に欠けるため、2021年からは新フォームを取り入れています。

5

それに加えて大谷は足が速い。打席から1塁ベースまでの平均タイムが4.09秒となっており、メジャートップ。3塁打もリーグ1位と、足の速さが記録にも表れています。

「二刀流」の始まり

大谷は、最初から二刀流をやりたいと言っていたわけではなく、栗山監督の二刀流案に乗った形でスタートしました。

大谷は高校生の頃、同じ花巻東出身の菊池雄星に憧れて、高卒してすぐMLBに挑戦すると表明しましたが、日本ハムの栗山監督が、ドラフト会議で1位強行指名。

そこで一度「メジャーに行く気持ちは変わらない」と表明したものの、日ハムが大谷家を訪問し、日本人が高卒でメジャーに行っても成功する確率が低い事を提示しました。

そして最後の切り札、「二刀流育成プラン」を提示して、大谷は納得して日ハム入団を決めたという形です。

栗山監督の「誰も歩いたことのない道を歩いてほしい」という言葉が本人に響いたのではないでしょうか。

大谷の実績

大谷がプロとして残した実績をまとめてみました。

2013年
  • ポジションを専門化している現代野球において、ピッチャーとバッターを兼任する「二刀流」として試合に出場する。
だい
だい

一軍の試合に出続けたものの、成績はまずまず。ただ、「二刀流」や「160㎞投手」と、どちらかというと「印象が残る選手」でした。

2014年
  • 2桁勝利・2桁本塁打達成。
だい
だい

この年では出場試合数も増加して、成績も全体的にアップ。特に投手としては11勝と好成績。欲を言うと、打者としての成績がもう少し欲しい所。

2015年
  • 投手として15勝、防御率2.24、勝率.750で最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝く。

だい
だい

投手として開花し、印象に残るだけでなく「記録にも残る選手」になりました。一方打者としての成績は低迷してしまい、大谷のイメージは「160㎞投げる投手」というのが強くなってしまいました

2016年
  • NPB公式戦最速記録を更新する(球速165km/h)
  • NPB史上初の「10勝、100安打、20本塁打」を達成
  • パリーグMVP受賞
  • パ・リーグベストナイン史上初の投手と指名打者のダブル受賞
だい
だい

この時の大谷はもう二刀流ガチ勢。投手として10勝4敗、防御率1.86、174奪三振、打者として打率.322、22本、67打点と投打両方好成績。二刀流に懐疑的だった某先輩方に対して実力で黙らせました。笑

だい
だい

2017年は「右三角骨障害」と「左大腿二頭筋肉離れ」とケガまみれで、殆ど試合に出ませんでした…

2018年
  • エンゼルスに移籍し、新人王受賞
  • MLB史上初の 「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成
だい
だい

いよいよ目標だったメジャーへの挑戦の一年目。最初から二刀流として起用され、期待通りの成績を残しました。しかし、2度も「右ひじ靭帯損傷」してしまい、トミージョン手術を受けることに。(リハビリ1年以上)

だい
だい

2019年は、打者のみの出場をしたものの、成績はまずまず。おまけに「右ひざ蓋骨分裂」でまた手術をすることになりました。

だい
だい

2020年はコロナ禍でいつものルーティーンがこなせず、おまけに右ひざの手術をしたことで筋力低下。成績は打率190、7本、24打点、7盗塁という散々な結果に終わりました。

2021年
  • MLBで登板日にDH解除する「リアル二刀流」で出場(日本でのみやっていた)
  • MLBオールスターゲームで史上初となる二刀流出場(ギネス認定)
  • 米「TIME」誌が「世界で最も影響力のある100人」を発表し、野球界で唯一選出
  • 投手として130回1/3、156奪三振、打者として138安打・100打点・103得点。5部門で100を到達し「クインティプル100」を達成(ギネス認定)
  • アメリカンリーグMVP受賞
  • 野手部門で
    (1)選手間投票で選ぶ「アメリカン・リーグ最優秀野手」
    (2)専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」
    (3)打撃のベストナインと言われる「シルバースラッガー賞」
    (4)「オールMLBチーム 指名打者部門 ファーストチーム」
    (5)「エドガー・マルティネス賞」
    二刀流・投手部門では
    (1)MVP
    (2)選手間投票で選ぶ「年間最優秀選手」
    (3)専門誌『ベースボール・アメリカ』の「年間最優秀選手」
    (4)7年ぶりの選出となった「コミッショナー特別表彰」
    (5)老舗スポーツメディアサイト『スポーティング・ニュース』の「年間最優秀選手」
    (6)「オールMLBチーム 先発投手部門 セカンドチーム」
    全11冠
だい
だい

この年はまさに記録的なシーズン。大谷が二刀流の可能性を証明した年になります。

もはや世界で一番野球が上手い人野球=大谷翔平と言っても過言ではありません。

今後の大谷翔平の見どころ

今後の大谷翔平選手に達成してほしいことをまとめてみました。2022年はこんな視点で見てみると面白いんじゃないかな~と思います。

  • 2桁勝利、2桁本塁打(MLBで未達成)
  • ホームラン王(未達成)
  • MLB最多本塁打記録74本(ボンズ73本)
  • 打率向上
  • サイヤング賞(未達成)
  • ノーヒット・ノーラン(未達成)
  • 規定投球回、規定打席両方到達(未達成)
  • 自己最高球速166km(103.1マイル)
  • ストレートのスピンレート向上
  • ツーシーム取得(私の願い)

ということで、今回はこの辺で。

2022年も大谷翔平から目が離せない!!

購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
()
x