安いと思ったら送料が高い…アマゾンの悪質業者には2つの対策をしておこう!

Amazon
この記事は約3分で読めます。
パンダ
パンダ

あれ、この商品なぜか激安になってる…!!買っちゃおー!

だい
だい

あーそれ危ないヤツだ。配送料高くなってない?

パンダ
パンダ

え?…あ、ホントだ…

だい
だい

最近流行ってる悪質な手口だから気を付けて。

数年前からAmazon流行っている「商品は安い、でも送料がぼったくり」という悪質な手口があります。Twitterを見ても安いから思わず買いそうになったという報告が後を絶ちません。

騙されないための対策

こういった詐欺まがいの商法に対して騙されないようにするには、この2つの対策が有効です。

送料詐欺の対策
  • 購入前に金額を確認する
  • 「Prime」をONにする

<購入前に金額を確認する>は基本的なことですがかなり大事です。詐欺被害に遭いにくくなるだけでなく、キャンペーンやクーポンの適用を受け忘れていないかのチェックにもなります。

Amazon以外で買い物するときもチェックするようにしましょう。

だい
だい

汗水垂らして稼いだ大切なお金を使うんだから、絶対チェックした方がいいよ!

「Prime」をONにするはワンタップでできる手軽な対策です。Amazonアプリから商品を検索したあとに左上のマークをONにしましょう。※PCの場合は「通常配送料無料」にチェックを入れる。

実は送料詐欺をする業者は100%「マーケットプレイス商品」なんです。primeをONにしておけばマーケットプレイス商品は除外することが出来ます。

マーケットプレイスにも優良業者はたくさんいますが、その見極めが大変なのも事実。基本的にはマーケットプレイス商品は購入しないことをオススメします。

なぜこんな業者がいる?

「本体代金を安くして送料で儲けよう!ひっひっひ…」みたいな業者も確かにいます。しかし、ほとんどの場合は本体代と送料を足してもそこまで高くならないように設定しています。

じゃあなぜそんなことをするのかというと、”カート獲得”のためです。

Amazonでは楽天市場やYahoo!ショッピングと違って、商品がショップ単位ではなく「商品ページ単位」で出品されています。

もし同じ商品を複数のショップが販売していた場合は、1つの商品ページにまとめられます。こういった場合、購入者はどのショップから買うのかというとカートを獲得した業者になるわけです。

パンダ
パンダ

ほうほう。で、どんな業者がカートを獲得できるの?

だい
だい

基本的には一番安い業者だね。

カート獲得の条件として、以前までは「本体代」と「送料」の合計が優先順位を決めていたのですが、2022年4月ごろから「本体代のみ」で優先順位を決められるようになってしまったようです。

そういった理由でカートを獲得するために送料で水増しする業者が増加。こういう業者が増えると出品側も購入者側も不利益しかないので、早めに改善して欲しいですね。

だい
だい

ということでマーケットプレイス商品はあんまりオススメできないかな。中国の業者とか転売屋を見分けるのって大変だし。

パンダ
パンダ

とりあえず、購入前に合計金額を見た方が良いってことね…

登録
通知する
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
タイトルとURLをコピーしました