【対処法】Mac/iPad/iPhoneでHDD・SSD認識させる方法

ガジェット
この記事は約4分で読めます。
ぴえん
ぴえん

AppleのデバイスだとHDD・SSDを認識してくれない…ぴえん。

と思っているそこのあなた。

おそらくHDD・SSDのフォーマットが違うのではないしょうか。

今回は、

  • フォーマットの確認方法
  • フォーマットの変更方法
  • フォーマットの種類

これらについて解説をしていきます!

フォーマットを確認する

フォーマットの確認方法は以下のとおりです。

1.Windowsのエクスプローラー画面でフォーマットを確認したいストレージを右クリック

2.プロパティを選択

3.ファイルシステムのところにフォーマットが記されています

このファイルシステムが「NTFS」の場合、Mac/iPad/iPhoneに非対応です。

対応させるにはフォーマットを変更する必要があります。

ということで、次は変更方法について解説していきます。

フォーマットを変更する

フォーマットが「NTFS」だとMac/iPad/iPhone非対応ですが、「exFAT」の場合はWindowsとMac/iPad/iPhone両方対応しています。

今回はNTFS→exFATに変更する手順を解説していきます。

フォーマットの変更方法は以下のとおりです。

※フォーマットを実行すると、HDD・SSD内に保存していたデータは全て削除されてしまいます。必要なデータがある場合、フォーマット実行する前に別のデバイスにコピーしておきましょう。

1.Windowsのエクスプローラー画面でフォーマットを変更したいストレージを右クリック

2.フォーマットを選択

3.フォーマットをNTFSからexFATに変更して開始する

※フォーマットを実行すると、HDD・SSD内に保存していたデータは全て削除されてしまいます。必要なデータがある場合、フォーマット実行する前に別のデバイスにコピーしておきましょう。

フォーマットはものの数秒で完了します。

フォーマットの種類

主なフォーマット(ファイルシステム)は3つあります。

  • NTFS
  • exFAT
  • FAT32

NTFS

NTFSは現在のWindows標準ファイルシステムです。Windows NT系以降から使われているファイルシステムなのでNT File SystemからNTFSというわけです。

特徴は、

  • 1ファイルの容量制限なし
  • 他のOSで読み込み・書き込みできない
  • 圧縮・暗号化などができる

という感じです。

Windowsしか利用しない場合、専用であるNTFSにするのが良いでしょう。(デフォルトでなってると思います。)

exFAT

exFATは色んな機器で対応できるファイルシステムです。PCのOS以外にも、SDカード、デジカメ、スマートフォンなどで使われており、汎用性があります。

特徴は、

  • 1ファイルの容量制限なし
  • WindowsやMacで読み込み・書き込みができる
  • 古いOSに対応していない

といった感じです。

WindowsとAppleデバイスを連携させて使っている方は、購入時にフォーマット変更することをおすすめします。

ちなみに、NTFSと比較するとセキュリティ等の性能は劣ってしまいます。

FAT32

FAT32はNTFSの前身的な存在です。今はあまり見かけないのではないでしょうか。

特徴は、

  • 1ファイル4GB以上だと移動・保存ができない
  • WindowsやMacで読み込み・書き込みができる
  • 圧縮・暗号化などができない
  • 古いOSに対応している

というものです。

昔のファイルシステムなので使いにくそうな感じがありますね。

こちらは古いOSを使用するときなどに利用するといいでしょう。

まとめ

今回の内容は、

  • AppleデバイスでHDD・SSDを使用する場合フォーマットをexFATにする
  • Windowsしか使用しない場合、NTFSが良い
  • FAT32はよく分からない

といった内容でした。

WindowsとAppleデバイスの両方を使用する方は、とっととexFATにすべきですね。

コメント