iPadやiPhoneでSSD(HDD)が認識しない…どうすればいい?

体験談
この記事は約5分で読めます。
パンダ
パンダ

AppleのデバイスだとHDD・SSDを認識してくれない…ぴえん。

だい
だい

おそらくだけど、フォーマットが違うんじゃないかな??Appleデバイスに非対応のフォーマットがあるから気を付けて!

こんにちは、だいです。

Mac、iPad、iPhoneなどのApple製品でHDDやSSDが認識しないという場合があります。
私自身、iPadでHDDを読み込ませようと思ったら、全く認識しませんでした。

結論から言うと、認識しない原因は「フォーマットが違うから」でした。

しかし、中には

「フォーマットが何か分からない」
「フォーマットの変更方法を教えてほしい…」

そう思っている方もいるのではないでしょうか。

ということで今回は、以上のことを踏まえて、次の3点を解説していきます。

  • フォーマットの確認方法
  • フォーマットの変更方法
  • フォーマットの種類

HDD(SSD)が認識しなくて困っている方の参考になればうれしいです。

フォーマットを確認する

だい
だい

まずはフォーマットの確認方法を解説するよ!

パンダ
パンダ

はーい!

1.Windowsのエクスプローラー画面でフォーマットを確認したいストレージを右クリック

2.プロパティを選択

3.ファイルシステムのところにフォーマットが記されています

このファイルシステムがNTFSの場合、Mac/iPad/iPhoneに非対応です。
対応させるにはフォーマットを変更する必要があります。

だい
だい

ということで、次はフォーマットの変更方法を解説するよ!

パンダ
パンダ

レッツゴ~

フォーマットを変更する

フォーマットが「NTFS」だとMac/iPad/iPhone非対応ですが、「exFAT」の場合はWindowsとMac/iPad/iPhone両方対応しています。

だい
だい

今回はNTFS→exFATに変更する手順を解説していきます。

パンダ
パンダ

よく分からんけどレッツゴ~!

フォーマットの変更方法は以下のとおりです。

※フォーマットを実行すると、HDD・SSD内に保存していたデータは全て削除されてしまいます。必要なデータがある場合、フォーマット実行する前に別のデバイスにコピーしておきましょう。

1.Windowsのエクスプローラー画面でフォーマットを変更したいストレージを右クリック

2.フォーマットを選択

3.フォーマットをNTFSからexFATに変更して開始する

※フォーマットを実行すると、HDD・SSD内に保存していたデータは全て削除されてしまいます。必要なデータがある場合、フォーマット実行する前に別のデバイスにコピーしておきましょう。

フォーマットはものの数秒で完了します。

だい
だい

これでAppleデバイスでも認識してくれるようになってるハズだよ。

パンダ
パンダ

お~意外とカンタン。

だい
だい

せっかくだから最後にフォーマットの種類を解説しておくよ!

フォーマットの種類

主なフォーマット(ファイルシステム)は3つあります。

  • NTFS
  • exFAT
  • FAT32
だい
だい

それぞれ解説していきます!

NTFS

NTFSは現在のWindows標準ファイルシステムです。Windows NT系以降から使われているファイルシステムなのでNT File SystemからNTFSというわけです。

特徴は、

  • 1ファイルの容量制限なし
  • 他のOSで読み込み・書き込みできない
  • 圧縮・暗号化などができる

という感じです。

Windowsしか利用しない場合、専用であるNTFSにするのが良いでしょう。(デフォルトでなってると思います。)

だい
だい

セキュリティ面からみても、ほかもフォーマットより優れているんだ。自分が使うデバイスによって使い分けよう。

exFAT

exFATは色んな機器で対応できるファイルシステムです。PCのOS以外にも、SDカード、デジカメ、スマートフォンなどで使われており、汎用性があります。

特徴は、

  • 1ファイルの容量制限なし
  • WindowsやMacで読み込み・書き込みができる
  • 古いOSに対応していない

といった感じです。

WindowsとAppleデバイスを連携させて使っている方は、購入時にフォーマット変更することをおすすめします。

だい
だい

でも端末同士で直接送受信するなら要らないかもね。私もそんな感じだからわざわざ全部フォーマットしないかな。

FAT32

FAT32はNTFSの前身的な存在です。今はあまり見かけないのではないでしょうか。

特徴は、

  • 1ファイル4GB以上だと移動・保存ができない
  • WindowsやMacで読み込み・書き込みができる
  • 圧縮・暗号化などができない
  • 古いOSに対応している

というものです。

昔のファイルシステムなので使いにくそうな感じがありますね。

こちらは古いOSを使用するときなどに利用するといいでしょう。

だい
だい

古いフォーマットだから知らなくてもいいレベル。

まとめ

今回はAppleデバイスでHDD(SSD)が認識しない場合の対処法を解説しました。まとめるとこんな感じです。

  • AppleデバイスならフォーマットをexFATにする
  • Windowsしか使用しない場合、NTFSが良い
  • FAT32はよく分からない
だい
だい

WindowsとAppleを両方使う人は、とっととexFATにしとけばおk

パンダ
パンダ

結局FAT32はよく分からん…

だい
だい

細かいことは気にすな…

ということで、AppleデバイスでHDD(SSD)が認識しなかった方は解決したでしょうか。今後も私自身がつまづいたことなどは、ブログを通して発信していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

クリックするとモチベーション上がります!
👇オススメの商品👇チェックしてくれよな!
悠々自適帳
購読する
通知する
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
()
x