下水の臭いはもう無い!日立のドラム式洗濯機を2年以上使ってみてのレビュー

体験購入品
この記事は約7分で読めます。
パンダ
パンダ

日立のドラム式洗濯機ってどうなの?

だい
だい

下水のにおいがするって言われてたけど、今は改善されたよ。私も2年以上使っているけど臭ったことは一度も無いし。

パンダ
パンダ

そうなんだ!ドラム式って買ってみてどうだった?

だい
だい

私は基本乾燥運転を使うからすごく便利だよ!やっぱ全自動やな。

日立のドラム式洗濯機は「高機能」かつ「比較的安い」ということから、購入を検討している人は多いのではないでしょうか。

しかし日立製にはかなり重大な疑惑があり、それは「下水臭が気になる」というところ。

実際私も洗濯機を選びに家電量販店に言ったとき、店員からこんなことを言われました。

店員
店員

私も日立製を買ったんですけど~。

臭いが気になって…東芝製に切り替えたんですよ~。

って感じで。

そんな疑惑があった中、私は日立製のドラム式洗濯機(BD-SX110F)を2021年に購入しました。

なぜ日立製を購入したのかというと、事前に沢山調べた結果「しっかり対策していれば全く問題ない」という結論に行きついたからです。

ということで今回は”ニオイ問題”を中心に、日立のドラム式洗濯機を2年以上使用してみてどうだったのかを綴っていこうと思います。

この記事で分かること
  • 洗濯機から下水臭はするのか
  • 日立製の洗濯機の性能や便利な機能
  • オススメの洗濯機

日立のドラム式洗濯機の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

洗濯機から下水臭はするのか

ニオイは問題ナシ

結論から言うと、日立製のドラム式洗濯機を2年以上使って全く問題ありませんでした。というのも、事前の対策が出来ていたからだと思います。

その対策とは除湿方式を「空冷式」→「水冷式」にするだけ。

「水冷式」は乾燥時に水を消費し、さらに消費電力も増えるので、ランニングコストは高くなってしまいます。しかし、これでも縦型洗濯機の乾燥よりは安く済みます。

下水臭の原因は○○だった

日立製のドラム式洗濯機で下水臭がする原因は「ヒートリサイクル方式(空冷式)」でした。

出典:日立

ヒートリサイクル方式とは、運転中に発生した熱を再利用するヒートポンプっぽい方式です。

つまりエコな方式。しかし重大な欠陥があったという事です。

実は乾燥運転中に放出される温風が排水口にも排気されてしまいます。ということは、排水口からの空気が逆流することがあるのです。これが下水臭の正体。

2021年8月以降に発売したモデルは「ヒートリサイクル方式」が廃止されたので、新しい機種では下水臭の心配はありません。

日立製の性能はどうなの?

ナイアガラ ビート洗浄
出典:日立

洗濯機能

日立の洗濯は「ナイアガラ洗浄」「AIお洗濯」などの機能があります。

「ナイアガラ洗浄」は高濃度洗剤で洗った後、大流量のナイアガラシャワーで洗う方法。「AIお洗濯」は洗濯物の量、水温、汚れの量などを検知して、自動的に洗い方を変える方法です。何気に凄いです。

さらに温水洗浄もあるので、縦型とそん色ない洗浄力はあると言えるでしょう。

乾燥機能

日立の乾燥機能の特徴としては「クオリティは高いけど乾燥時間が長い」といった印象です。

乾燥は「ヒートリサイクル乾燥」を採用していましたが、下水臭問題で2021年8月に廃止されました。

現在の「水冷式」はヒートリサイクル方式に比べると水を使いますし消費電力も多いので、ランニングコストが高いです。(それでも縦型洗濯機の乾燥と比較すると安く済みます。)

「風アイロン」機能を使うと洗濯物がシワになりにくいです。ただ、完全にシワが無くなるわけではないので、そのまま着るのは難しいです。

その他便利機能

私が購入したBD-SX110Fは、上記以外にもいくつか機能があります。

日立製の便利機能
  • 洗剤・柔軟剤の自動投入機能
  • スマホ連携

最近搭載している機種は多くなりましたが、やっぱり洗剤の自動投入は便利です。

タンク容量が大きいので補充の頻度は他社製より少ないですし、洗剤量の多め、少なめといった調整もできます。いちいち洗剤量を測らなくていいですし、ボトルも不要です。

スマホ連携は初期設定で結構使いましたが、他はあんまり使いません。でも「帰宅した時に洗濯が終わるようにしたい」「乾きにくい洗濯物のときは乾燥を延長させたい」といった”いざ”という時に活躍します。

コスパは?

家族数人で使うようなハイエンドのモデルの場合は、おそらく一番コスパが高いのが日立製です。同じ価格帯で機能を比較すると、日立製は優れた機能をたくさんの備えている印象です。

逆に、1人暮らしで使うような安価なモデルの場合シャープ製が安くてオススメです。

使ってみて気になったところ

ホコリが溜まる

ドラム式洗濯機は乾燥運転をするとホコリがたくさん発生するのですが、日立製はそれが顕著です。

フィルターもそうですが、一番はドアのゴムパッキンの裏側。ここを濡れたティッシュでふき取るとホコリがたくさん出てきます。

乾燥後は毎回清掃することをオススメします。(ものの30秒くらいで清掃できます)

おすすめのモデル

私が購入したモデルはBD-SX110Fでしたが新たに発売したモデルもあるので、それらの中からオススメを紹介します。

家族4人以上なら最大容量のコレ!

家族の人数が多い場合は、洗濯容量・乾燥容量の大きいBD-NX120Fがオススメ。12kg、7kgが日立の最大です。今回紹介した機能は全て付いています。

お値段もかなり安く23万円弱。(2022年11月現在)ぶっちゃけめちゃくちゃコスパいいと思います。

デメリットはデザインがちょっと今っぽくない…ような気がする点ですかね。

2~3人なら高機能かつ安いモデル

そうです。私が購入したBD-SX110Fです。

やっぱり何と言っても安い。Amazonで20万円切っていました。(2022年11月現在)

実際に購入した私もぜひオススメしたい商品です。めちゃくちゃ良いです。

1人暮らしなら?

一人暮らしだと日立製は割高になってしまいますので、特にオススメはありません。一人暮らしならシャープ製が安くて性能が良いのでオススメです。

↓「ES-S7」という人気のシリーズの最新モデルですがAmazonで14万円台とかなり安い↓

まとめ

今回は日立製のドラム式洗濯機をレビューしましたが、その使用感をまとめると次のようになります。

日立製のドラム式洗濯機
  • 下水臭は改善した
  • 古い機種は設定を変更すればOK
  • ランニングコストは高い
  • 機能面のコスパは最高
  • 乾燥後はホコリが溜まりやすい
だい
だい

まぁ総じると「買ってよかった」ってことだね。

パンダ
パンダ

臭いは問題無くて良かったね。

だい
だい

臭いがある人は、排水側に問題がある人が多い印象だね。築年数が長いとトラップがそもそも機能してない可能性だってあるし。

パンダ
パンダ

なるほどね。まずはそっちが先だね。

だい
だい

あとは清掃が大変だってのが意外だったかな。結構全自動なイメージだったから。笑

パンダ
パンダ

世の中そんなに甘くないんやな…

というわけで、日立製は高機能で高コスパの商品でした。洗濯がめんどうだから全自動に切り替えようと思っている方も多いかと思います。

今は機能も充実した製品が20万円前後で購入することができます。かなり大きな買い物になりますが、長く使える家電、新調してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました!

登録
通知する
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
スポンサーリンク
0
良かったらコメントしてね!x
タイトルとURLをコピーしました